繰上げ返済はいつやるのが得か調べてみた

2018年3月19日

Sumoの紙面版に記事が載っていたのでまとめです。

返済方法

期間短縮型と、返済額軽減型がある

期間短縮型のほうが利息軽減効果は高い

期間短縮型

35年ローンを30年にしたり等、毎月の返済額を変えない代わりに期間を短縮する返済方法である。

返済額軽減型

35年ローンの期間はそのままで、代わりに毎月の返済額を10万から8万というように変更する返済方法である。

二つの返済方法の比較

実際に4000万円借り入れし、5年後に200万円繰上げ返済した場合、総支払額は50万円程変わってくる。

また、これらは利息の変動金利によって変わってくるので、リスク軽減にもなると考えられる。繰上げ返済して返済額を減らし、子供の養育費等に当てる場合以外は期間短縮が良い。

返済タイミングについて

早めにコツコツとが節約効果が高い

ただし!

住宅ローン控除期間中 かつ 金利が1パーセント未満である。
この場合は住宅ローン控除後に繰上げ返済しないと損するので注意が必要である。

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

スポンサーリンク