戸建てを検討するときに見るポイント

戸建ての項目

戸建てを検討するときに見るポイントをいくつか上げます

一軒売りと分譲

一軒売りとは、一軒だけの土地を売ることを言います。
自由度は高いが、周りに同世代なしということが挙げられます。

分譲とは、一般的に何区画が一気に売り出すことが多いため、価格は安めになりますが、間取りは不自由になってきます。
また一斉入居になるため、同世代が多いのも特徴です。

ビルトインタイプ

狭小の物件に見られる、一階部分をくり抜いて駐車場にしており、3階建ての物件です。
高齢になると、昇り降りがしんどいことと広い土地は都心から離れるため、最近ではビルトインタイプが増えております。

周辺情報の確認

実際に購入検討を行う場合、現地に行って道路幅、交通量、学校やスーパーの有無を確認したほうが良いでしょう。
特に交通量に関しては、土日や朝晩の確認をしたほうが良いでしょう。

土地の状態の確認

出来ることなら、土地の向きや角地かどうか、更に地盤が固いかどうかも確認が出来るとベストです。
地盤については、
・地盤サポートマップ
・国土地盤情報サイト
を確認すると良いでしょう。

見栄えの良さか冷暖房効率か

天井が高いと効率は落ちることになります。
リビングイン階段であれば、リビングの冷暖房効率が落ちます。屋上の有無によっては、屋上の1階した部分の部屋に熱がこもりやすくなります。

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

スポンサーリンク

戸建て

Posted by sumingo