マンション購入時の評価軸(我が家の場合)

2018年8月16日

マンション購入時の評価軸

マンション購入検討時には、事前に評価軸を決めておくことをおすすめいたします。
なぜなら、マンションをたくさん見ていくと解ると思いますが、完璧なマンションは存在しません。大概は価格が安いけど立地が悪かったり、
価格は高いが立地は最高だったり。色々プラスとマイナスがそれぞれ物件ごとに違います。
我が家は以下のような形でエクセルを作りました

基本情報

ここは、そのマンションの基本となる情報を備忘として記録しています。
この情報を見て後で思い出せるようにしたかったためです。

  • マンション名
  • 徒歩
  • 戸数
  • 価格
  • 平米数
  • 修繕積立金
  • 管理費

比較情報

ここで実際の評価項目を記載します。ここは人によって変わってくると思いますのでカスタマイズが必要です。

また、この項目それぞれに重みをつけています。単純に5点満点で加算して比較しても良いのですが、やはり項目それぞれに自分の重要度があると思います。

  • 価格
  • ハザードマップ
  • 騒音・ガス
  • 間取り
  • 設備
  • 都市
  • 駅近
  • スーパー
  • 小児科
  • 小学校
  • 中学校
  • 保育園
  • 再開発
  • リセールバリュー

我が家ではそれぞれ5点満点として、重み付けあり版と無し版を作成していました。

今度ここにも掲載いたしますね。

ポイント

基本的には自分の感覚を信じて選びましょう。ただ感覚で選ぶにしても物件数が多いと基準が一貫していないことがあると思います。
その場合の自分自身の重要度が重み付けに現れていることがわかると思います。
また、エクセルを作ることで俯瞰して見れるため、後押しのツールとして使うと良いかと思います。

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

スポンサーリンク