【プラウド】マンションブランド勝手なイメージと主観たっぷりの感想

プラウド

売主

野村不動産
大手デベロッパー。メジャーセブンの1つ
立地がよく、ハイクラス層向け。外観がおしゃれ。イメージカラーは紺色か。

キャッチコピー

お客様の未来を想う。

安心と安全
機能性と心地よさ
時とともに深まるデザイン
環境と未来への対応
豊かな暮らしへのエスコート

立地

特に駅近が多いイメージ
こおは譲れないところではないかと勝手に考えている。

外観

こちらもプラウドのイメージを壊さないような先進性があるデザインになっている。

設備

こちらは、正直言ってまちまちで、オハナブランドに負けることもあるのでは。
もちろん同時期で比べれば圧倒的にプラウドが良い。

間取り

こちらもまちまち。そこまで尖った間取りではないことが多くなってきている印象。

規模

プラウドタワーであれば大規模。
都心のほんとうのハイクラスであれば逆に小規模で高級にしているイメージ。
中規模なものは近郊郊外にあるイメージ。
したがって、規模は様々である。

まとめ

そこまでタワーではないプラウドであれば、住んでみたい。と思わせるような
ブランド力がある。

TVCMも積極的に行っているため、少し見え張りたい人にも受けているのかもしれません。

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログへ

スポンサーリンク