マンションの駐車場と自動運転技術

2018年3月15日

近年、自動運転技術が急速に発展してきています。

マンションの駐車場とどのように関連するのでしょうか。
その辺りを考察しましたので記事にしたいと思います。

自動運転とは

「自動運転」と一言で言ってもレベルがあり、レベル0~5まである。
レベル0は自動運転に関する装備が全くない通常の乗用車、レベル5になると乗用車がシステムによって自律的に走行するもの。
車の運転を人間が判断して行うか、システムが判断するかのバランスを表しています。

レベル0

自動運転技術なし。
特に補足説明なしです。

レベル1

ハンドル操作、減速、ブレーキをサポートする。
(上記の操作を一つサポートしてくれます)

レベル2

部分運転自動化
ハンドル操作、減速、ブレーキをサポートする進化系です
(上記の操作を複数同時にサポートしてくれます)

レベル3

ハンドル操作、減速、ブレーキを全てシステムでコントロール。
必要なときにのみドライバーが操作する。
ここから責任はシステムとなる。

レベル4

ハンドル操作、減速、加速を全てシステムでコントロール。
ドライバー操作は不要
完全自動システムとなる。
ここから、ドライバーの乗車が不要となる。
※走行環境によっては運転できない。

レベル5

どんな条件下でも、自律的にシステムが運転してくれる。

マンションの駐車場との関連

マンションの駐車場とどのような関連があるのでしょうか?
それは、人が乗らなくても良い場合になります。

駐車場はどこか郊外に借りて、乗りたいときに呼べばよいのです。

そうすることによって、マンションの駐車場をわざわざ借りなくとも、郊外の安い駐車場を
借りれば良いことになります。
これは画期的だと思います。これが実現すると、機械式駐車場は特に意味がなくなるのではないでしょうか。

いつからドライバー不要になるか

2020年にレベル4が一部地域で始める。としています。
そうなると、マンションの駐車場はいみがなくなるのではないでしょうか。
それを見越すと、現在駐車場が機械式であったりして無理についている必要はないと思っています。
また、平置きでもなければ無くても問題ない。という考えです。

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

スポンサーリンク