住宅ローン減税 控除率を0.7%、期間13年に延長

住宅ローン減税 控除率を0.7%、期間13年に延長
という記事がありました。

今は1%で期間10年だったと思いますが、期間13年に伸びましたね。
あれ?消費税増税で13年に伸びたと思いましたが、いつの間にやらなくなっていたのですね。

しれっと16年ではなく13年据え置きで伸びた感出していますので
消費税増税で13年で契約した人が結局勝ち組ですね。

これから、買い控えが起こるのか、またはマンションの価格が下がるのか。気になりますね
また、中古の控除額が据え置きならそっちの面でも有利になってくるのかなと思いました。

海外では中古は人気だと思うので、日本の新築に優遇されすぎ問題で、空き家が多くなってきている問題があるので
私個人としては中古、リフォームに注力してもらいたいですね。

また、金利も変動より固定を選ぶ人が出てくるかもしれませんね。13年も利息が付かないという考えですよね。
15年で返す人もいると思うので、固定で借りやすくなってきていると思います。

ただ、また金利が上がると固定が高くなるので、変動のうまみも出てくるかと。よくできてますね。

結論
・これから住宅ローン控除を受ける人は、固定金利で借りるのもよいかと。

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログへ

スポンサーリンク