住宅ローン控除が0.7パーセントになった場合損なのか得なのか

住宅ローン控除が来年から
控除率  : 1.0% ⇒ 0.7%
控除期間 : 10年 ⇒ 13年
控除限度額: 4000万円 ⇒ 3000万円

になることになりました。

4000万円の物件を購入した場合、なんと70万円ほども損となります。
さらに、消費税増税で13年になった年に購入された方との比較は150万円ほどになります。

やはりかなりの増税になりましたね。

ちなみに
中古物件
控除率  : 1.0% ⇒ 0.7%
控除期間 : 10年
控除限度額: 2000万円
となっています。13年にならなかったですね・・・

これでは新築を立てる企業にとっては有利ですが、リフォーム屋や中古物件不動産には厳しいです。
もちろん消費者にとっても厳しい時代ですね。
アメリカは中古をうまく使っているのですが、、、

家を安くした方がもっと経済が回ると思うのでは私だけでしょうか。
基軸産業とはいえ、家賃でいっぱいいっぱいのため、皆さん子供を作らず少子化が進んでいる。
ということも一つの要因になっているのではないかなと思います。

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログへ

スポンサーリンク